歯科矯正が必要になる症状

歯並びが悪いとどの様なデメリットがあるのでしょうか。
噛み合わせが悪いと、うまく食べ物が噛めない、変な癖がついて骨格が歪んでしまう、それにより、健康に影響が出る。
口がうまく閉じられないため、口呼吸になり、虫歯になりやすくなったり、ウイルス感染しやすくなる。
また、歯並びの悪さが発音に影響を与えたり、それによりコンプレックスを生じさせてしまう、等。
様々なデメリットが挙げられます。
歯科矯正の目的は、外見的な美しさを求める歯列矯正だけではないのです。
もちろん、グローバル化が進んでいる昨今では、海外の方と仕事をしていく上で、歯並びは非常に重視されますので、見た目の美しさを目的とすることもあります。
感じ方は人それぞれです。

口腔内の状況にもよりますが、歯科矯正の多くは、永久歯が生え始める前、6歳前後から始めるのが効果的と言われています。
永久歯が生え始めてから生えそろうまでに行う矯正を第1期、生えそろってからを第2期と呼ぶ事が多いです。
この第1期の歯科矯正では、受け口等、顎の成長にかかわる症状の場合は3歳ぐらいの低年齢から始められることもあります。
早ければよいというものでもなく、もちろん個人差もありますので、定期健診の時に歯医者さんと相談しながら、時期を決めていくのが良いでしょう。
歯並びの違和感や顔のゆがみなど、気になった場合は先ずは相談から始めてみましょう。
具体的にどの様な症状の場合、歯科矯正を検討した方が良いの化も含め、期間や費用についてまとめてみました。

歯科矯正をする理由

お子さんの歯科矯正を検討する際の症状については様々あります。 顎の大きさによる不具合、乳歯が生え変わるタイミングによる不具合、指しゃぶりなど、癖が原因で起こる不具合など、原因も症状も様々です。 具体的にどのような症状があるのかを詳しく見ていきます。

大人の矯正と子供の矯正

不正咬合の治療方法は矯正又は外科手術により行います。 特に、大人になってからだと、顎の成長も終了しているため、矯正での治療を選択しても、抜歯が必要になることが多いです。 また、重度の受け口の場合だと、矯正ではあまり大きな変化を与えられず、外科手術が必要になる場合が多いです。

治療にかかる期間や費用

低年齢から矯正を始めたからと言って、早い時期に綺麗な歯列への矯正が完了するわけではありません。 これは、歯には乳歯と永久歯があるからです。 低年齢で行う場合、乳歯の多い状態での矯正治療になるため、永久歯に全て生え変わったときにどの様な歯並びになっているかは、予測でしかないためです。