>

大人の矯正と子供の矯正

不正咬合の治療方法

受け口や出っ歯などの不正咬合のように、骨格にかかわる矯正治療は難易度が高めです。
年齢が低い頃から始めれば、顎の成長を調整することもできる為、抜歯せずに歯並びを綺麗に整えられる可能性が高いです。
乳歯だけの時から治療を開始することもありますが、多くは乳歯と永久歯が混在する6~10歳から始めます。
歯が生えそろうためのスペースを作る第1期治療と、生えそろった永久歯を綺麗な並びに整える第2期治療と、2回に分けて行う事が多いです。
1期2期を合わせると数年に及ぶ事もあります。
第1期では、軽度な場合はマウスピースの様なムーシールドや、拡大ネジのついたプレートを歯の裏側に装着するなどで。
重度な場合はヘッドギアの様な上顎前方牽引装置を使い、上顎のポジションを正しくしていきます。
その後、経過を見つつ、永久歯が生えそろったころ、第2期としてブラケットを使った歯列矯正を行います。

癖を直すことで歯並びを矯正する方法

奥歯を咬み合せると上下の前歯の間に隙間が空いてしまう「開咬」は、飲み込むときに舌で前歯を押してしまう舌突出癖等によって起こります。
舌突出癖は、乳児の時に母乳を飲むときに行っていた舌使いを、歯が生えてからもこの癖が抜けずに残ってしまったものです。
治療方法としては、まず、この癖を直すことが先決です。
乳歯から永久歯に生え変わる6~8歳位に始める場合は、舌が前に出せないように、前歯側に柵が付き、両の奥歯と前歯に掛ける形で装着する器具を使います。
成長期であるため。舌を前に出す癖が抜けることで、歯並びが改善します。
ただし、これは、小学校低学年くらいまでに有効で、大人になってからの治療になると、ブラケット治療と筋機能訓練(MFT)を併用した治療方法をとることになります。




この記事をシェアする